ドロップシッピング最新の記事

ドロップシッピングとアフィリエイトの違い

アフィリエイトは、自分のサイトで広告主の商品を紹介し、そこから商品が売れたときに紹介手数料(成功報酬)をもらうしくみです。ドロップシッピングと似ているようですが、大きな違いとして、「ドロップシッピングでは自分で商品の値段を決められるが、アフィリエイトではできない」ということが挙げられます。
たとえば、あるバッグを販売するとします。価格(売り値)は10万円です。
アフィリエイトの場合は、商品を紹介するだけですので10万円のバッグは10万円で売らなければなりません。そして売り上げに応じて、広告主が定めた報酬額が支払われます。 報酬額はだいたい販売価格の1~5%程度、よくても10%といったところです。
ドロップシッピングの場合は、10万円のバッグだからといって、10万円で売る必要はありません。仕入れ値5万円のバッグを6万円で売れば粗利は1万円......といったように、自由に価格を設定することができます。
もちろん、他店と比べてあまりに高ければ誰も買わないでしょうから、現実的には大きな利益を得るのはそれほど簡単ではありません。しかし、競合調査を行い適正な価格で、魅力のある販売方法を考えて売れば、アフィリエイトよりも効率よく利益を上げられる可能性はあるといえますね。

ドロップシッピングについて

ドロップシッピングの場合は、10万円のバッグだからといって、10万円で売る必要はありません。仕入れ値5万円のバッグを6万円で売れば粗利は1万円……といったように、自由に価格を設定することができます。
カテゴリー
更新履歴
ドロップシッピングとアフィリエイトの違い(2009年6月28日)
ドロップシッピングとは(2009年6月28日)
新しい流通スタイル(2009年6月28日)
ドロップシッピングの注意点(2009年6月28日)