Top > 新しい流通スタイル

新しい流通スタイル

ドロップシッピングを簡単に言えば、「ショップが、在庫・仕入れなしで販売する流通スタイル」ということになります。
ネットショップでは、その商品の画像を掲示したりして商品を宣伝します。商品が売れたら卸問屋またはメーカーからお客さんの元へショップ名で発送してもらいます。
つまり、在庫も仕入れも必要ないのです。ネットショップは、お店を開いているだけでマージンが入ってくるのです。それには、ある程度宣伝をしなくてはいけませんが、在庫を抱えるリスクがない分ショップの宣伝にお金が掛けられます。
ネットショップではある程度アクセス数がないと商売になりません。ネットショップではアクセス数アップのための努力をすれば必然的に儲かります。
このようにリスクがほとんどない、ドロップシッピングはこれからのネットショップのスタイルであると思います。これでますます一般人のネットショップ参加への敷居が低くなりました。

 

 雑貨デザイナー  桜海老  埼玉のアウトレット
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
ドロップシッピングとアフィリエイトの違い(2009年6月28日)
ドロップシッピングとは(2009年6月28日)
新しい流通スタイル(2009年6月28日)
ドロップシッピングの注意点(2009年6月28日)